2016年2月28日日曜日

【私たちの流儀】4,五感でコミュニケーション。


「私たちの仕事 私たちの流儀」
【私たちの流儀】(CRED) 腕は職人。心は新人 より



4.五感でコミュニケーション。

どんな色が求められているのか。その把握が間違っていれば、どれだけ現場で努力してもまるで意味がない。だから、対話しよう。言葉だけじゃなく、五感全部で対話しよう。
写真の被写体を見る、触る、感じる。全身全霊で、仕上がりイメージを共有しよう。





空は何色でしょうか?
どんなブルーでしょうか?
夏の空と冬の空は同じ水色でしょうか?

人の肌は Cyan□□% Magenta□□% Yellow□□% Black□□% でしょうか?
人種でも、年齢でも、体質でも違いますよね。

食べものは正確に美味しそうに。
アパレルは忠実に且つクライアントの意図する方向へ。

画像処理担当スタッフが色だけでなく、質感や肉眼での見え方等を理解するためにショールームや店舗まで出向くことがあります。

色さえあっていればそれで良い。のではなく、どう見えれば、どう伝えれば良いのかを探るための取り組みです。一見、無駄?に見えるかも知れませんが、これもわたしたちのこだわりなのです。


本日より、弊社は新年度、49期目を迎えます。
47期・48期と二期連続で業績では苦戦しました。
ようやく挽回を図る為の土台は出来たように思います。

本年度もご愛顧賜りますようお願い致します。

2016年2月21日日曜日

【私たちの流儀】2,難題を歓迎する。


「私たちの仕事 私たちの流儀」
【私たちの流儀】(CRED) 腕は職人。心は新人 より


2.難題を、歓迎する。

  ダイムの品質へのこだわりや製版・印刷技術は、
  どう育ってきたのか。
  それは、難題に応えるために絶えず背伸びしつづけてきた成果に他ならない。
  自らを鍛えてくれる難題に感謝しながら、高みに挑むこと自体を、楽しもう。



お客様から、技術的にかなり高度なことを要求されることが比較的多くあります。
お引き受け出来るかどうか議論になることもあります。
わたしたちの会社は、良くも悪くも不器用な技術屋さんで、こういう時こそ目を輝かせてチャレンジしたがる人が多いように思います。
どのように工程設計をするか、どのように品質管理をするか、他に方法はないか。
仕上がりは想定どおり、設計どおりか。
スタッフが一枚の校正刷りを囲んで「ああでもない」「こうでもない」と好奇心・探究心いっぱいに生き生きとするスタッフを見ると「うちの会社はまだまだ大丈夫だな」と安心します。

2016年2月16日火曜日

OGS ものづくり補助金勉強会

2月15日月曜日 大阪府グラフィックサービス協同組合主催の助成金勉強会に参加しました。 40名程の参加者でした。 この組合の組合員数(およそ100社)からすると非常に高い参加率がみなさんの関心の高さを物語っています。 

ものづくり・商業・サービス新展開支援補助金 は革新的なサービス開発・試作品開発・生産プロセスの改善を行う中小企業・小規模事業者の設備投資等を支援するものです。 大阪府中小企業団体中央会からの説明に続き、組合員の過去の採択事業4社9事例、最後にコンサルティングサービスの紹介が行われました。 

特に事例の報告が非常に実践的で、有益な情報をタイムリーに同業の仲間で共有しようという姿勢がこちらにもよく伝わり、組合の事業としては素晴らしい取り組みだなと思いました。
居眠りする人も見かけず、参加の皆さんは聞き逃しのないように食い入るように聞いておられました。

_____________________________________

株式会社ダイム
代表取締役社長 安平健一

WEB www.daimu.co.jp

Facebook
www.facebook.com/DAIMU.co.jp

DAIMU GRAPHIC STUDIO
www.daimu-graphic-studio.com

YouTube ダイム動画チャンネル
www.youtube.com/user/DAIMU1969
_______________________________________

2016年2月15日月曜日

バレンタイン

会社の女性スタッフからバレンタインのプレゼントをいただきました。
「気にかけてもらえてるんだ」と毎年の事ながらとても嬉しく思います。
今年はチョコレートと一緒にポケットチーフもいただきました。

ポケットチーフをくれた女性スタッフはパーソナルカラー診断の資格も持っていて、うちの仕事の合間にプロとしても活躍されています。
その女性スタッフ曰く
「社長のパーソナルカラーにバッチリ合う物を選んだので、絶対似合いますよ!」
との事です。
ちゃんとしたプロにそう言われると胸に挿すのが楽しみになりますね。
色合い・質感的に春夏物のスーツやジャケットに合いそうな感じなので、
衣替えの時期にデビューしようと思います。
ありがとうございました。

_____________________________________

株式会社ダイム
代表取締役社長 安平健一

WEB www.daimu.co.jp

Facebook
www.facebook.com/DAIMU.co.jp

DAIMU GRAPHIC STUDIO
www.daimu-graphic-studio.com

YouTube ダイム動画チャンネル
www.youtube.com/user/DAIMU1969
_______________________________________

近畿地区印刷協議会に出席しました。

2月12日金曜日、「ホテルグランビア京都」にて開催されました全日本印刷工業組合連合会(以下、全印工連) 近畿地区印刷協議会に大阪府印刷工業組合の環境・労務の担当副理事長として参加してきました。

うちの会社が所属する全印工連は全国約5,000社、大阪約500社が加盟する業界団体です。全国47都道府県の印刷工業組合、9ブロック(北海道・東北・関東甲信越静・東京・中部・近畿・中国・四国・九州沖縄)で構成され、この協議会は近畿2府4県の印刷工業組合の常務理事以上の方々が出席し、業界全体のビジョンや課題を協議します。

地区協議会で議論する分野は1.経営革新マーケティング、2.環境・労務、3,組織・共済、4.教育・研修、5.官公需対策です。

私のお役目は、2.環境・労務分科会に参加して意見交換や議論を行う事と全印工連ではCSR推進専門委員会の委員を仰せつかっておりますので、その活動報告を行う事です。

環境・労務分科会では
 ・環境マネジメントシステム
   グリーンプリンティング認定制度・環境推進工場登録制度
   ISO14001の取得支援事業について。
 ・オフセット印刷工場用VOC警報器について。
 ・ストレスチェック制度の義務化につい
 ・化学物質のリスクアセスメントの義務化について 等が議論されました。

CSR推進専門委員会の報告では
 ・「戦略的CSRセミナー」の開催報告
 ・CSR認定事業についての報告
 ・CSRマガジン「shin」の案内
 ・CSRの情報セキュリティ対策の一環として、災害やデータ消失などの緊急事態から
   データを守る「クラウドバックアップサービスの紹介
 ・Pマークに準ずる情報セキュリティ認証である
  「日本印刷個人情報保護体制認定制度(JPPS)」の紹介

 最後に私が大阪で担当するCSR推進委員会の事業、3月7日月曜日開催の「最新事例で学ぶCSR調達の実践セミナー」の案内をさせていただきました。
今回は、仕事の都合もあり最初から最後までは出席出来ず、担当分科会のみの出席となりましたが様々なテーマについて他府県の熱心な方々と議論する事は大変有意義であり、やはり出るところに出たからこそ得られる情報はあるもんだなと今さらながら実感しました。

_____________________________________

株式会社ダイム
代表取締役社長 安平健一

WEB www.daimu.co.jp

Facebook
www.facebook.com/DAIMU.co.jp

DAIMU GRAPHIC STUDIO
www.daimu-graphic-studio.com

YouTube ダイム動画チャンネル
www.youtube.com/user/DAIMU1969
_______________________________________

2016年2月9日火曜日

【私たちの流儀】3,決してあきらめない。

「私たちの仕事 私たちの流儀」
【私たちの流儀】(CRED) 腕は職人。心は新人 より

3,決してあきらめない。
「できません」という言葉を発した瞬間、消えてなくなるもの。
それは、お客様からの信頼と、私たちのプライドである。どちらも失くしては生きられない。粘り強く、できる方法を模索しつづけよう。




3年ぶりのブログ再開となりますが、引き続きしばらくは弊社の理念・方針・ビジョン・クレドを中心にその日の気分で触れてゆきたいと思います。

印刷会社以上に、印刷品質への意識が高いクリエイターや企業でコミュニケーションを担う方がいます。
世の中の印刷会社に対して、不満やあきらめに似た感情を抱いているかもしれません。そしてそれに応えようとする印刷会社もまた存在します。

特別なこだわりを持つクリエイター、企業でコミュニケーションを担う方、そしてそれに応えたいと思う印刷会社からもっと頼りにされる存在でありたいと思っています。

高い期待とご要望に「出来ません」と言いそうになることはあります。
しかし、それは言うたびに一つずつ大切な物をを失ってゆく事になるのではないかと思います。「期待」「信頼」そして「プライド」です。これを失っては生きてゆけません。

粘り強く、知識・技能を総動員して「できない言い訳をする前に、出来る方法を模索し続ける仕事人集団でありたい」と思います。

______________
_______________________

株式会社ダイム
代表取締役社長 安平健一

WEB www.daimu.co.jp

Facebook
www.facebook.com/DAIMU.co.jp

DAIMU GRAPHIC STUDIO
www.daimu-graphic-studio.com

YouTube ダイム動画チャンネル
www.youtube.com/user/DAIMU1969
_____________________
__________________


















2013年2月26日火曜日

【私たちの流儀】5,技術の前に、機械を磨く。

「私たちの仕事 私たちの流儀」
【私たちの流儀】(CRED) 腕は職人。心は新人 より

5,技術の前に、機械を磨く。
整備を怠る人はどんなベテランでも許さない。技術以前の問題である。
品質、特に色の再現性で勝負する私たちにとって、機械の状態を保つことは生命線のひとつなのだから。
他社の何倍も何十倍も整備に気を回そう。これは、こだわりではない。最低限のルールである。




しばらくは、弊社の方針やビジョンに触れてゆきたいと思います。

「誰でもできる清掃を誰もやらないくらいやる」
「誰でもできるメンテナンスを誰もやらないくらいやる」

お客様に期待されつづけるため、社員一同しっかりと守ってゆきたいと思います。



___________________________

株式会社ダイム
代表取締役社長 安平健一




Facebook




DAIMU GRAPHIC STUDIO

YouTube ダイム動画チャンネル
___________________________



太陽光